2008年11月26日

リマスタリング

先日、9タイトル分のリマスタリングをしました。
リマスタリングとは、一度マスタリングされCDとしてリリースされた音源を再度マスタリングし直す作業です。
マスタリングエンジニアの腕が試される作業でもあります。
でも一言でリマスタリングと言っても、持ち込まれる素材は様々です。
レコードの時代のカッティングに使用していた本当の意味でのアナログのマスターテープもあれば、アナログのマスターテープからデータに変換されたもの、 3/4インチのU-maticテープ、PMCD(プリマスターCD)、すでにマスターテープが見つからずに発売されている製品CDなんてものまであります。
やはりクオリティーが高いのは、保存状態にもよりますがアナログのマスターテープです。

ちなみにアナログのテープは年数が経つと次第に磁性体がはがれてきます。
要はテープがベタベタになって再生ヘッドなどに張り付いてしまうのです。
録音してから5〜6年以上経過したアナログテープは、この磁性体のはがれを修復するために熱処理をすることになります。
人によっては「おかまに入れる」とか「オーブンで焼く」とか言ったりします。

今回のリマスタリング作業のタイトルの中には2タイトルほどアナログのマスターテープが含まれていました。
すでに5年ほどまえに一度リマスタリングされていたものでしたので、熱処理済みでした。
ですが熱処理からはもう4〜5年経過していますから、テープの状態は見てみないとわかりません。
1969年と1972年に録音された貴重なマスターテープですから、緊張しました。
何かあったら取り返しがつきません。

アナログのテープレコーダー自体ほとんど使わない時代ですから、まずはテレコの状態をチェック。
多少の問題はありましたがすぐにクリアし、今度は実際にマスターテープをかけてみます。
調整用の信号は1kHzと8kHz。
どう聞いても1kHzと8kHzに聞こえないところが少し不安でしたが、どうにか調整を終え、1曲目を再生。
電源ケーブルやオーディオケーブルを変えたりして、さらに良いサウンドになるセッティングを探ります。
そしてある程度良い感じになったところで、ロビーで待っていただいていたクライアントさん達を呼び戻します。
そして再生。

……。


一同ため息です。
ものすごく良いのです。
空気感とか、奥行きとか、質感とか、何とも言えないあたたかな素晴らしいサウンドでした。
テープの状態も粉落ちなども全くなく、素晴らしい状態でした。
きっと保管状態が良かったんですね。
このまま何もしなくても十分ではありましたが、一応CDにするのでということで、ほんの少し補正程度のEQをするのみの作業となりました。
(元々はレコードにすることを考えて録音されたのですから、そこはきちんと押さえておかなくてはいけません)

リマスタリングの目的って、「当時の音を当時の音のままCDにする」っていうことかもしれない、と思ったりしました。
無理に現代風の音にするのは無意味だし、昔の音を知っている人に懐かしさを感じてもらえれば、知らない人には当時の音を新鮮に聴いてもらえればと思います。
特にレコード時代の音源のリマスタリングはそうであってほしいなと思います。

タイトルやアーティスト名や発売日など公表したいところですが、クライアントの了承を得ていないので今日のところは控えておこうと思います。
ちなみに今回リマスタリングされた9タイトルはすべてHQCDとして発売される予定です。
HQCD・・・Hi Quality CD 通常のCDプレーヤで再生できる高音質CDです。詳しくはコチラ

2008年11月03日

ワンダーステーションとメモリーテック

ワンダーステーションは、メモリーテック株式会社所有のスタジオです。
元をたどると、以前はあのジブリ作品の音楽で有名な久石譲さんのスタジオでした。
さらにその前はMusic In、そしてその前はTwo Two One、さらにさらにその前は青山レコーディングスクールのスタジオでした。
名前は変われど歴史のあるスタジオなのです。

1st
ワンダーステーション1st

ちなみに、メモリーテック株式会社はプレスの会社です。
CDやDVDのプレスです。
筑波、甲府、甲府南、岐阜、そしてグループ会社のトエミ・メディア株式会社の工場も含めると5つのプレス工場を持っています。
最近ではHQCDを発表し、好評を得ています。(HQCDについてはこちら

私が使用しているマスタリングルームは、元は久石譲さんがプリプロルームとして使っていた部屋です。
グランドピアノを入れていたそうです。
そのお部屋を改装して今現在のマスタリングルームが出来ました。
メモリーテックと私が所属するエフとが業務提携し、出来上がったマスタリングルームです。
コンセプトは『リビングルーム』。
いわゆるスタジオライクなサウンドではなく、リビングルルームでゆったりと聴けるようなそんなサウンドを目指しました。
実際のところ、初めていらっしゃるお客様でモニターの音に驚かれる方も少なくありません。
今まで作業していたスタジオの音とは少し違うので、違和感を感じるのかもしれません。
でも、大抵はすぐに慣れます。
スタジオ等で聴いていて「かっこいい!」「いい感じ!」とOKになったサウンドが、家に帰ってもしくは車の中で聴いてみがっがりしたことはありませんか?
このマスタリングルームではそんなことはありません。
そいういった意味でもこのコンセプトは間違っていなかったと感じています。
(ちなみに、私が自宅で聴いているオーディオ環境は正直なところあまり良くありません。
プレーヤーは三菱の録画機能のあるDVDプレーヤー、スピーカーはSONYのテレビ内蔵のものです。
でもこれで聴くと全体のバランスとかが良くわかるんです。)

現在は青山にあったメモリーテックのマスタリングルームもワンダーステーション内に引っ越し、ワンダーステーション2階には2部屋のマスタリングルームと1部屋のチェックルームが稼働しています。
メモリーテックマスタリングルームを201、そして私が使用しているマスタリングルームを202、チェックルームを203と呼んでいます。
スタジオではなく、それぞれの個性を持った部屋という感覚で決めた呼び名です。

201
201

202
202


ちょっと今日は堅くなりましたが、メモリーテックとワンダーステーションの紹介をしてみました。

2008年10月31日

trick or treat !!!

というわけで、今日はハロウィーンです。
まったくもってマスタリングとは関係ありませんが、ワンダーステーション2階の受付カウンターがハロウィーンしていたので、デジカメでパチリ。
(写真をクリックすると大きいのが見れます)

ハロウィン1

実は真ん中の箱、今日見学にいらっしゃったform THE MASTERの方からの頂き物のお菓子の箱です。
あまりにぴったりだったで、ハロウィーンの飾りに使わせていただきました。
もちろん、中のお菓子は女子部がおいしくいただきました。

ハロウィン2

あ、カボチャにひびが・・・。
posted by ueda at 20:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2008年10月30日

アカリウム

アカリウム。
ルビジウムやセシウムに次ぐマスタークロック、ではありません。
明治神宮では10/31と11/1の2日間、17:30〜20:30まで特別ライトアップをするのです。
それが、明治神宮御社殿復興50年記念「アカリウム」

明治神宮1.JPG

実は昨日たまたま招待券をいただいたので、特別内覧会に行ってきました。
10/31と11/1当日よりも規模は小さいのですが、それでも幻想的なライトアップにすっかり癒されてきました。
空気も澄んでいて、気持ちいいのなんのって。
さすが森林浴の森100選に選ばれるだけのことはあります。
ところがココで一つ失敗してしまいました。
デジカメ、持ってくるの忘れちゃったんです。
ライトアップされている参道は暗くてとても幻想的なのですが、いかんせん携帯のカメラでは暗すぎて写りません。
なので写真は入り口の明るい照明の提灯のみです。

幻想的な参道をゆっくり歩き、ライトアップされた鳥居をくぐり、お参りをしてきました。
神社にお参りをする時は、おみくじを引くのが欠かせません。(私の場合ですが)
そこでおみくじを引きました。
大吉か、小吉か、もしかして凶だったりして・・・なんて思いながらおみくじを開いてみると・・・

とき遅きたがひはあれどつらぬかぬことなきものは誠なりけり

だ、そうです。
裏面に意味が書いてありました。

物事を成し遂げるまでには、人によって早い遅いの違いはありますが、どんな時でも、誠実な心さえあれば、その志を貫き通すことが出来ます。

どうやら明治神宮のおみくじは大吉とかそういうのではないのですね。
神様からのメッセージとして、きちんと受け止めたいと思います。
大事なのは誠実な心なのです。

帰り際に入り口の提灯のライトアップがゆっくりと色を変えていることに気がつきました。

明治神宮2.JPG

明治神宮3.JPG

明治神宮4.JPG

じーっと眺めているだけでなんだか癒されます。

昨日の内覧会はアカリウムのごく一部のみしか見ることが出来ず、入り口も原宿口からのみでした。
でも10/31、11/1はワンダーステーションから程近い北参道入り口からも入場できるようですし、こちら側のライトアップも素敵なようなので、もう一度行ってみようかなと思っています。
明日、行けるかなぁ、行けるといいなぁ。
デジカメ、今度は忘れないようにしないと。


明治神宮御社殿復興50年記念「アカリウム」
posted by ueda at 08:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2008年10月29日

DDP

以前、マスタリングした翌日に「自宅のパソコンでDDPのCDマスターが再生できないが大丈夫でしょうか?」というお問い合わせをいただいたことがありました。
結論から言うと、大丈夫です。ご安心下さい。
DDPファイルは普通のPCやCDプレーヤーでは再生できません。
一部のDAWか、専用のソフトウェアか、専用のプレーヤーでのみ再生できます。

現在、工場納品用のCDマスターの主流はDDPです。
ちなみにDDPとは、Disc Description Protocolの略です。
国内のプレス工場では、ほとんどがこのDDPに対応しています。

ワンダーステーションではこのDDPをDVD-Rに記録してCDマスターとしています。
マスタリングの作業の終盤、音の調整、曲間、PQ、ISRCなどの作業が終了すると、DDPファイルの書き出しを行います。
リアルタイムで最終的なサウンドのチェックをしながら、DDPの書き出しをしていきます。
書き出しが終わり、作成したDDPファイルに問題がないか確認した後に、DVD-Rに記録します。
そして記録し終えたDVD-Rにエラーないか再度チェック、最後にDVD-Rを専用のDDPプレーヤーで再生させ、ノイズや音トビがないかどうかの最終チェックをします。
DDPの書き出しの前にもPQやISRC、POSコード(JANコード)などのチェックもありますから、マスタリングはチェックの連続です。
ちなみにDDPプレーヤーはメモリーテック製、かなり重宝しています。
ワンダーステーションメモリーテック株式会社のスタジオです)

そういうわけで、チェックにチェックを重ねていますので、大丈夫です。ご安心下さい。
というよりも、CDマスターを自宅のパソコンなどで再生させようとすることはおすすめできません。
たとえご自宅のパソコンでDDPを再生できる環境があるとしても、ちょっとしたことでエラーの原因になるものです。
例えば、DVD-RのエラーチェックにPLEX TOOLを使用しているのですが、同じディスクを何度もエラーチェックをすると、チェックするたびにエラーが増えていきます。
こういったエラーで音が出なくなるようなことはまずありませんが、音質が落ちていく方向にいくのは目に見えています。
PMCDでも同様ですので、マスタリング終了後CDマスターを渡されたら、そのまま工場担当者に渡すのが得策かと思います。

2008年10月18日

女子部のお誕生日会

ワンダーステーションには女子部があります。
他部署の子も入れて総勢6名。
ちょっと騒ぐにはちょうど良い(?)人数です。
会社にありがちな女の子どうしの諍いとか、そうことも一切なく、ただただ楽しい集団です。
それぞれ仕事内容が違うので都合のつく人だけで一緒にランチをしたり、たまに飲み会して普段の愚痴をぶちまけたり、どうでも良いおしゃべりがまた楽しいのです。
そんな女子部のイベントの一つがお誕生日会です。
会といっても、ただ理由をつけておいしいケーキを食べたいだけ、という単純な女子の欲望から成り立っている会です。
自分の誕生日であれ、他の子の誕生日であれ、おいしいケーキはうれしいのです。
ということで、先日、私のお誕生会を開催してもらいました。

DSC00043.JPG
La Maisonのチョコレートタルト、おいしかったぁ!
(携帯カメラで撮ったので写りがあまり良くないですね)
写真で見ると小さそうに見えますが、というか実際小さいのですが、これを6等分して食べてみると、結構ボリュームあったりするのです。

まぁそんなわけで、夕方ワンダーステーション2階のロビーで甘い香りと女の子達のキャッキャッする声が聞こえたら、あ〜誕生会ね、と思って下さい。

そうそう、しばらく誕生会の予定がないので、次はハロウィンとかやろうかと画策しています。

posted by ueda at 18:42| 日記

2008年10月17日

キャンペーン実施中です!

お知らせです。
期間限定のお得なキャンペーン実施中です。



10月〜12月の期間限定!
新規のお客様に限り 各月先着5組様まで
初回のみ、マスタリングを限定価格にてお受けいたします

通常料金 ¥22,000- /H(税別)

特別価格 ¥10,000- /H(税別)
(マスター1枚、コピーCD-R1枚含む)

お問い合わせは下記まで。
ワンダーステーション
TEL 03-3404-1600
営業担当 : 藤田 , 須山



尚、レコーディングでもキャンペーンをやっています。
詳しくはお問い合わせください。


当キャンペーンは終了いたしました。
ありがとうございました。

posted by ueda at 14:53| INFOMATION

2008年09月22日

おまかせマスタリング

立会い無しのおまかせマスタリングを受けることがあります。
立会い無しなので、スケジュールのない空いた時間でマスタリングをします。
そのため通常の立会いでのマスタリングよりも料金も少し安めです。
あらかじめ要望を聞いておいて、あとはすべておまかせです。

実際おまかせの作業をはじめると、これが結構時間がかかるんです。
一人でプロデューサー役、エンジニア役、アーティスト役、そしてマスタリングエンジニア役をやらなくてはいけません。
なるべく客観的になるために、普段は座らないお客さま用のソファーに座って音を聴くこともあります。
マスタリングルームの中を行ったり来たりして、「お、いい感じになってきた」とか独り言も飛び出します。
こうなってくると誰にも邪魔されたくない、自分の世界へと入っていくような気がします。
でもこうして出来上がった音は(自分で言うのもなんですが)かなり満足のいくものとなっています。

そういえば知り合いのエンジニアさんも言っていました。
おまかせでMIXすると止めてくれる人が居ないからなかなか終わらない、と。
まったくもって同感です。
エンジニアという人間は、「OK」と言ってくれる人がいないとひたすら作業してしまう生き物なのです。
たぶんね。
posted by ueda at 12:05| ひとり言

2008年09月07日

美容師さんとエンジニア

いつも髪を切ってくれる美容師さんはちょっとオネェキャラの入ったOさん(男性)。
大体のイメージを伝えて切ってもらうこともあれば、すべてお任せで好きに切ってもらうこともあります。
どんなときも、Oさんなら私が思っている以上のカットをしてくれます。
先日いつものようにOさんに髪を切ってもらいました。
最近の私の髪型はボブ(いわゆるおかっぱ)です。
「あのポスター見ました? キャメロンディアスのほら、携帯のやつ」と、Oさん。
どうやら電車の中で見たらしいのですが、いつも電車の中では読書に夢中なのでキャメロンディアスのポスターは見た記憶がありません。
そのポスターのキャメロンは絶妙なボブなんですって。
あまりにも素晴らしいカットに電車に乗っている間ずっと、キャメロンの髪に見とれていたらしいです。
「あのカットは凄いよぉ。もう見とれちゃってさぁ。巧いなぁって思ちゃってさぁ。僕も頑張らなくちゃって思っちゃったりしてぁ。」
ちょっぴりオネェ口調でそんな話をしているOさんの目がキラキラしてました。

美容師さんってエンジニアに似ているって思ってましたが、さらに実感してしまいました。
指名をうけてお客様のイメージ通りにヘアカットをする。
イメージ通りでなかったり、ヘンテコになったりするともちろん次からお客様は来てくれない。
そんなところ、似ているかもって思ってたんです。
そこにキャメロンのボブ。
たぶん私に限らず多くのレコーディングエンジニアやマスタリングエンジニアは、素晴らしいサウンドに出会うと聴き入ってしまいます。
絶妙な演奏、絶妙なタイミング、絶妙なバランス、絶妙な上げ下げ、絶妙な音圧、絶妙なリバーブ、絶妙なアレコレ。
そんな時、私も目がキラキラしているのかもしれません。
自分もこんな仕事がしたいと思い、実際に出来ているだろうかと自問し、まだまだ頑張らなくてはと思う。
似てますよね、美容師さんと。

posted by ueda at 22:50| ひとり言

2008年08月30日

白の闇 ーブラインドネスー

「白の闇」という本を読みました。
ある日突然、目が見えなくなる。そしてそれはどんどん広がってやがて皆目が見えなくなる。・・・という小説です。
もしも自分が目が見えなくなったら、周りに居る人皆も目が見えなくなったら…、想像するだけで怖いです。
怖い怖いと思いながら、一気に読みました。
とても重いテーマの小説です。

この「白の闇」、映画化されたんですね。
映画のタイトルは「ブラインドネス」、11月公開です。
伊勢谷友介さんと木村佳乃さんが出演して話題にもなっていますね。
あの小説がどのように映像化されるのか、ぜひ観たいと思ています。


白の闇 ジョゼ・サラマーゴ著

映画「ブラインドネス」公式サイト
posted by ueda at 10:58| 日記