2007年09月16日

初仕事

マスタリングエンジニアとして初仕事は、「銀河英雄伝説」のサウンドトラックでした。
ある日突然上司から、「上田、今日マスタリングやれ!」と言われ、正直あせりました。
機材の使い方、マスタリングの流れは理解していても、マスタリングエンジニアとして仕事が出来るかどうかはまた別の話です。
情けないことに、この時は素材の音を聞いていてもどうして良いかわからず、ただオロオロしていたように思います。
見兼ねた先輩エンジニアが助けてくれましたが、あの時は悔しかったです。
このことがきっかけとなって、次はきっと・・・という思いで日々EQやらCOMPやらをいじりまくっていました。
そして次の仕事が「ULTRA POP」というインディーズバンドのマスタリングでした。

今さらこのCDを聞いてみると、かっこいいんですこれが。
曲も詩もアレンジもかっこいいんです。
ボーカルも味があって良いです。
ただ、CDの後半になるとダレてきます。
これはきっと私のせいですね。
未熟者でした・・・。

b165.jpg
posted by ueda at 19:03| マスタリングのことあれこれ