2007年05月01日

A730復活

先日、STUDERのCDプレーヤー「A730」が復活しました。
壊れたのはいつのことだったか、かなり前なんですが、サーボ系統のコンデンサーを交換したら治ってしまったらしいです。
A730が壊れてしまった後はずっと同じSTUDERの「D731」を使っていましたが、音がかなり違うのでCDを聞くたびに悲しい思いをしていました。
「A730」は今でも中古市場で数十万円で取引されているプレーヤーです。
今時の良い音ではないのかもしれませんが、聞きなれていることと、PCM-1630のDAの音に近いということもあって、欠かせない存在です。

posted by ueda at 20:08| Comment(0) | 愛しい機材たち
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: