2007年02月07日

ZS-F1

SONYのラジカセです。

レコーディングスタジオなどでは定番のラジカセモニターとしてよく使われています。

Zsf1

このラジカセ・・・CDプレーヤーとラジオと外部入力という構成になっていて、スタジオやマスタリングで使う場合は外部入力に繋いでモニターとして使います。

主に音の最終確認用という感じで使う事が多いです。

ウーハーが小さい割に、しっかりと低音も出てくれてバランスも良いので重宝されているんでしょうね。



私がマスタリングの仕事で使わせてもらっているSIPのマスタリングルームのZA-F1ですが、今年に入って、とうとうウーハーのエッジがダメになりました。

エッジ、破れちゃいました。(T_T)

随分前から位相がおかしくなってたし、そろそろダメかなぁなんて思っていた矢先でした。





古いスピーカーを使っている問題点ってここにあるんですよね。

ユニットのへたり、エッジの破れ・・・古いものなのでメーカーの修理は期待できません。

じっさい新しいユニットはもう手に入りません。

そこでエッジを張り替えるということをするんですが、エッジを張り替えてももとの音にもどるとは限りません。

エッジの素材で音が変わってしまうし、エッジの張り具合でも音は変わります。
そんなこんなで現在ZS-F1は放置状態です。どうなるんでしょうね。




ZS-F1がないとどうも落ち着かないので、こんなこともあろうかと昨年の夏にヤフオクで手に入れた中古のZS-F1をマスタリングルームに持ち込む事にしました。

このZS-F1はすでにウーハーのウレタンエッジを張り替えてあるので、当分大丈夫でしょう。

posted by ueda at 11:17| Comment(0) | 愛しい機材たち
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: