2006年07月19日

ヘドウィグ・アンド・アングリーインチ

いまさらですが、映画「ヘドウィグ・アンド・アングリーインチ」を観ました。「ヘドウィグ・アンド・アングリーインチ」は、もともとはオフブロードウェイでヒットしたミュージカルでそれを映画化したものなんだそうです。日本では三上博さん主演の舞台が同タイトルでやっていたので知っている人も多いのではないでしょうか。



実は私、この三上さん主演の舞台のライブCD(HEDWIG AND THE ANGRY INCH [オリジナル・ジャパニーズ・キャスト・ライヴ・アルバム]
のマスタリングのお仕事をさせていただきました。それまで恥ずかしながらこのミュージカルを知らなかったのですが、このお仕事でとても興味が湧いて映画を
観ようと思ったのでした。ライブCDは曲ばかりの構成なので、ストーリーまではわかりません。「性転換手術に失敗してしまった男のお話」という印象が強く
残っていて、いったいどんなストーリーなんだろうと思ってました。

実際、簡単に説明すれば「性転換手術に失敗してしまった男のお話」なのですが、ストーリーはもっと深い、「純粋な愛」が描かれていました。そし
てヘドウィグの歌う歌のかっこいいこと!あっという間に映画の中のヘドウィグワールドに引き込まれてしまいました。ヘドウィグの見た目の奇抜さとは正反対
の繊細な部分がグッときました。

何度でも観たいと思える映画です。



もし三上さんの舞台が再演されることがあれば、ぜひ観にいきたいなぁと思う上田佳子でした。

posted by ueda at 19:28| この映画観ました?