2008年06月08日

紙ジャケ仕様

まずは見てください、この写真。

JM01.jpg
JM02.jpg

破れてしまいました。
Jason MrazのNewアルバムです。
見ての通り、紙ジャケ仕様です。
最近、紙ジャケのCD、多いですね。
紙ジャケでもいろいろあって、外側が紙で、内側のCDを収める部分のみがプラスッチックのものや、両面とも紙のものもあります。
プラスチックでCDを収めている場合はいいんです。
何が問題って、すべて紙のもの。
こういうタイプだと、CDを取り出す時、丁寧に取り出したつもりでもCDが傷付くことが多いんです。
で、あの写真です。
傷付かないように開口部をパカッと手で広げて…、そしてビリッ。
買っていきなり破れてしまいました。
そしてさらに、ブックレットを取り出そうとして…、ビリッ。
2ヶ所目です。(涙)
まぁ、紙の材質なんかもあるんでしょうが…。

紙ジャケ反対!、なんて言うつもりはないんですよ。
でももう少し、うまい方法はないのかなって思います。
そうそう、昔のレコードみたいにディスクをビニールに入れてあったり、不織布の袋に入れてあったりすることもありますね。
こういう配慮、欲しいところです。
あ、でもビニールってどうなんだろ、静電気とか起こりやすいかもしれません。

ちなみに、CDの記録面(読み取り面)に傷がつくと、細かな傷でもエラーの原因になります。
ちょっとした傷であれば、エラー訂正されるので再生できないということはありませんが、音質的には落ちる方向にいきます。


で、肝心のJason MrazのNewアルバム「We Sing, We Dance, We Steal Things」ですが、ホーンセクションが気持ちよくって、POPで軽快でゴキゲンです。
ゴキゲンっていう表現もどうかと思いますが…(苦笑)

Jason Mraz
We Sing, We Dance, We Steal Things
posted by ueda at 15:06| ひとり言