2010年04月29日

何か大事な

音をコピーしたり、変換したり、圧縮したりしたものを聴くと、何がしか変化があります。
それは、痩せたり、荒くなったり、暴れたり、薄くなったり、シュワシュワしたり、詰まったり、・・・。
何がどう変わったというよりは、何か大事なものを失った感じがすると思うのは、私だけでしょうか。
言葉では、奥行きが無くなったとか、レンジが狭くなったとか、バランスが崩れたとかって言う事もできるんだけど、もっと大事なものが無くなってしまったような気がするのです。
実はマスタリングの素材もそうです。
ミックス時にスタジオで聴いた音とマスタリング時に何もせずに再生した音、残念ながら同じではないんです。
再生させるDAWが変わったり、環境が変わると音って少なからず変わってしまうのです。
マスタリングの素材を聴いてまず考える事は、ミックス時には確かにあったはずの「何か大事なもの」が失われていないかどうか。これを見つけ出せるか出せないかでマスタリングの結果が大きく変わってくるような気がするのです。

2010年04月24日

バレル式オルゴール

那須へ行ってきました。
意外にも桜が満開でびっくりです。
オルゴール美術館で聴いたバレル式オルゴールが素晴らしかったです。
聴き惚れてしまいました。

動画です↓↓↓


リズムなんかバッタバタですが、そこがまた良い感じでした。
posted by ueda at 21:40| Comment(0) | TrackBack(0) | ひとり言

2010年04月22日

中国語

今日はワンダーステーション...
今日はワンダーステーション... posted by (C)cargojp

本日のマスタリングは、上海万博関連のマスタリングでした。
写真左は郵政の小田さん、右はcargoのGOKUさん、真ん中は上田です。(写真はGOKUさんからいただきました)
曲数が少なかった事もあってサクッと終了。
1曲中国語の歌詞のものがあったんですが、中国語ってちょっとくぐもった発音だったり、シャ、シュ、ショみたいな発音が多いんですね。
中国語としてどんな風に聞えるのがベストなのか、ちょっと迷ってしまいました。

posted by ueda at 01:41| Comment(0) | TrackBack(0) | ひとり言

2010年04月19日

想像力

音って目に見えないものだから、耳から聴き取る情報ってとても大切だと思うんです。
でもそれ以上に大切なのは聴いた音をどうするのか、っていう想像力。
ただ単に低域が弱いから低域を上げようとかっていう単純なことではなくって、その曲のイメージとか目指しているサウンドとかが想像できなくてはいいマスタリングが出来ないんじゃないかって思うのです。
比較的時間に余裕のあるセッションでは、事前に素材を聴いておいてそのあたりのイメージを膨らませたりします。
1曲1曲にアーティストやプロデューサーが目指している音楽、やりたいサウンドがあるわけで、そのことを無視してマスタリングなんて出来ない。
扱っているのは音ではなくって音楽だってことを忘れちゃいけないんだよなぁ、なんて思うこのごろです。

2010年04月18日

徹夜

久しぶりに貫徹しました。
終電を逃すとかってことはままあるんですが、朝までというのは滅多にないことです。
まぁ今回はマスタリングスタートが22時だったから、朝までというのは当然かな。
それにしてもたまにの徹夜は辛いです。
でも仕事帰りの朝日はなんだかとってもさわやかでした。
posted by ueda at 17:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記