2012年08月14日

ワンダーステーションからMTCマスタリングへ

皆様にお知らせです。
ワンダーステーションは6月末でレコーディングスタジオをクローズし、
今はマスタリングのみ営業しているのですが、
8/16から「MTCマスタリング」とスタジオ名を変えることになりました。
そして営業担当が不在になります。
ブッキングのご連絡は今まで通りお電話で、
マスタリング内容やご請求等のお問い合わせは
上田まで直接お問い合わせいただきますよう、
お願い申し上げます。

MTCマスタリング
〒151-0051
東京都渋谷区千駄ヶ谷4-26-15
秀和代々木駅前ビル 2F
TEL 03-3404-1600
FAX 03-3401-8397
posted by ueda at 11:45| Comment(0) | TrackBack(0) | INFOMATION

2011年01月18日

マスタリング終了後のパチリ!

ズータンズの皆さんと。
写真はズータンズの3rdアルバム「カウボーイ」のマスタリングの後に、ズータンズのメンバーと一緒に撮った一枚です。
マスタリングが終了した後の「写真撮ってもいいですか?」という言葉は、満足してもらえたのかなっていううれしさと、アーティストと一緒に写真を撮るという照れくささとが一気に押し寄せてきてついつい笑顔になってしまいます。
(ちなみに前列左側が私です)

ズータンズの3rdアルバム「カウボーイ」は3/23発売です!


ズータンズ official website
じんクシー
鈴木謙之の現場100遍
せっちゃん's Cafe
『カレーライス』
posted by ueda at 00:05| Comment(0) | TrackBack(0) | ひとり言

2010年08月25日

HMV渋谷店

8月22日 ついにHMV渋谷店が閉店しました。

思えば東急ファン時代、HMV渋谷店はワンオーナインのビルに入っていて、週1回と言ってもいいくらいのペースで通っていました。
(何せスタジオから近かったもので)
当時は何故かアーティスト名の表記が姓名逆になっていて、例えばマイケルジャクソンだと普通は「Michael Jackson」ですが、HMV渋谷店だと「Jackson Michael」という風に書かれていて、目当てのアーティストのCDを探すのに苦労したことがありました。
今ほど試聴機の数もなくて、店員さんが書いたポップやジャケットのデザインだけで買う所謂「ジャケ買い」をしているうちにかなりの枚数になったりして、どっさり買い込んだCDをスタジオに持ち帰っていました。
渋谷系というジャンルが出来たのもHMV渋谷店の功績が大きいですよね。
時代の流れでしょうか、残念です。
posted by ueda at 15:16| Comment(0) | TrackBack(0) | ひとり言

2010年08月21日

Tonga

トンガコーヒー1

私はコーヒー党ではなくて、どちらかというと紅茶党なのですが、たまにカフェラテなどが飲みたくなったりします。
カフェラテが飲みたくなった時が平日の昼間だったら、すかさず『Tonga』のカフェラテを買いに行きます。
『Tonga』はテイクアウト専門のコーヒー屋さん。
お店の形がとんがっているから「トンガ」なのだとか。
ワンダーステーションからは徒歩1〜2分で行けます。
コーヒー大好きなデスクのT嬢と営業のH嬢お気に入りのコーヒー屋さんでもあります。
私は大抵カフェラテを注文しますが、このカフェラテがおいしいのです。
エスプレッソの苦みが効いていて美味です。
レコーディングやマスタリングのコーヒーブレイクには最適です。
コーヒー好きな方は是非お試しあれ。

Tonga coffee トンガコーヒー

トンガコーヒー2 

posted by ueda at 18:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 代々木グルメ

2010年07月24日

見直し

ワンダーステーションマスタリングルーム(202)が完成して3年が過ぎました。
でも未だ気になる所が後を絶ちません。
そして時間が空くとモニターやシステムのチェックや電源周りの見直しをするのです。
これを始めるとあっという間に時間が経ってしまいます。
そして試し焼きしたメディアの山…。
気がつけばあちらこちらにケーブルが散乱して足の踏み場が…。
でも大抵新たな発見をし、これが仕事の結果へと繋がっていくのかなぁ、なんて思ったりします。
そんなわけで3年前のマスタリングルームと現在のマスタリングルーム、見た目は殆ど変わってませんが中身は結構いろいろと変わってます。
これからもきっと変わり続けるんだと思います。


2010年05月27日

パーマネント野ばら

パーマネント野バラ
パーマネント野ばら オリジナルサウンドトラック と チケット
画像をクリックすると拡大します


映画「パーマネント野ばら」を観てきました。
この映画のサウンドトラックのマスタリングをさせていただいたご縁でチケットをいただいたのがきっかけです。
サントラのマスタリングは結構多いのですが、こうしてチケットをいただいたのは初めての事です。(うれしいです)

で、映画はと言うと、これが良かったのです。
本音を言うとあまり期待していなかったのですが、間違ってました。
じっくり、じんわりと押し寄せてくる感じとでもいいますか、最後こうなるとは・・・。
不覚にも映画館で久々に涙してしまいました。
観終わってからしばらくは映画の余韻が残っていて、ついつい主人公の切ない気持ちを考えてしまったりして、仕事モードに切り替えるのに苦労しました。
日本映画を映画館で観るのは久しぶりですが、日本映画もいいもんです。

ちなみに私がマスタリングさせていただいたサウンドトラックですが、映画館のみでの発売でCDショップなどでは手に入りません。
映画を観てサントラ買おうかなと思ったら、その場で買って下さいませ。

「パーマネント野ばら」公式サイト


追記
アマゾンでこのサントラ買えるみたいです。
パーマネント野ばら
posted by ueda at 23:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2010年04月29日

何か大事な

音をコピーしたり、変換したり、圧縮したりしたものを聴くと、何がしか変化があります。
それは、痩せたり、荒くなったり、暴れたり、薄くなったり、シュワシュワしたり、詰まったり、・・・。
何がどう変わったというよりは、何か大事なものを失った感じがすると思うのは、私だけでしょうか。
言葉では、奥行きが無くなったとか、レンジが狭くなったとか、バランスが崩れたとかって言う事もできるんだけど、もっと大事なものが無くなってしまったような気がするのです。
実はマスタリングの素材もそうです。
ミックス時にスタジオで聴いた音とマスタリング時に何もせずに再生した音、残念ながら同じではないんです。
再生させるDAWが変わったり、環境が変わると音って少なからず変わってしまうのです。
マスタリングの素材を聴いてまず考える事は、ミックス時には確かにあったはずの「何か大事なもの」が失われていないかどうか。これを見つけ出せるか出せないかでマスタリングの結果が大きく変わってくるような気がするのです。

2010年04月24日

バレル式オルゴール

那須へ行ってきました。
意外にも桜が満開でびっくりです。
オルゴール美術館で聴いたバレル式オルゴールが素晴らしかったです。
聴き惚れてしまいました。

動画です↓↓↓


リズムなんかバッタバタですが、そこがまた良い感じでした。
posted by ueda at 21:40| Comment(0) | TrackBack(0) | ひとり言

2010年04月22日

中国語

今日はワンダーステーション...
今日はワンダーステーション... posted by (C)cargojp

本日のマスタリングは、上海万博関連のマスタリングでした。
写真左は郵政の小田さん、右はcargoのGOKUさん、真ん中は上田です。(写真はGOKUさんからいただきました)
曲数が少なかった事もあってサクッと終了。
1曲中国語の歌詞のものがあったんですが、中国語ってちょっとくぐもった発音だったり、シャ、シュ、ショみたいな発音が多いんですね。
中国語としてどんな風に聞えるのがベストなのか、ちょっと迷ってしまいました。

posted by ueda at 01:41| Comment(0) | TrackBack(0) | ひとり言

2010年04月19日

想像力

音って目に見えないものだから、耳から聴き取る情報ってとても大切だと思うんです。
でもそれ以上に大切なのは聴いた音をどうするのか、っていう想像力。
ただ単に低域が弱いから低域を上げようとかっていう単純なことではなくって、その曲のイメージとか目指しているサウンドとかが想像できなくてはいいマスタリングが出来ないんじゃないかって思うのです。
比較的時間に余裕のあるセッションでは、事前に素材を聴いておいてそのあたりのイメージを膨らませたりします。
1曲1曲にアーティストやプロデューサーが目指している音楽、やりたいサウンドがあるわけで、そのことを無視してマスタリングなんて出来ない。
扱っているのは音ではなくって音楽だってことを忘れちゃいけないんだよなぁ、なんて思うこのごろです。